モテる男を演出すれば女は食いつく/セフレ作り方・出会い方navi

モテない男とモテる男はプロフの書き方とメールの送り方が全く違った?ネットの出会いだからこそできるモテ男になる方法を伝授。

女性数NO.1セフレサイト 人気急上昇中のH掲示板
イククル
デジカフェ

モテる男を演出すれば女は食いつく/出会い方・メール術

更新日時:2017.07.27

女はレベルの高い男に誘われたい

男は「ヤリたい」を糧にしてセフレ作りを頑張りますが、反対に女は「自分を必要としてほしい」を一番の目的にして出会い探しを頑張ります。ですが女は男よりも比較的出会いやすいこともあって、アプローチしてきた男の中から自然と一番レベルが高いと感じる人を選びます。

男が美人を連れて歩きたいと思ったり、優しい彼女を連れて羨ましがられたりするのに優越感を感じるのと同じで、女もせっかくなら一緒にいてドヤ顔できるような男のほうがいいわけです。

頻繁に連絡をくれる人や会ってくれる気遣い上手な男、ルックスが良い男、お洒落な男など優越感を感じるポイントは人それぞれですが、間違いなく「自分がレベルが高いと感じる男」を選びます。重視される部分がルックスだけじゃない、というのも出会い系ならではのポイント。

どんな男でも誰かにとってのレベルの高い男になるチャンスがあるようです。

プロフやメールでモテ男を演出する

レベルの高い男がモテるのは当たり前の話。自分はモテないから関係ないじゃないか、と思う男性も多いかもしれません。

確かに合コンや街コンなどの表舞台では勝負に勝てるのはほんの一握り。でもネットの出会いは全く別の環境で、全員一斉に比べられるわけではありません。しかもネットでは自分の印象を作るのはプロフやメール。そのため自由に自分の印象を良くしたりできるわけです。

例えば恋愛歴一つとっても、正直に5年彼女いません!なんて言ってしまうよりも、別れたばっかりで寂しいです、と言えばとりあえず女に相手される人なんだなという印象を与えることができます。

童貞が経験者のように語ったりするのはさすがに会ったときバレますが、1回でも経験があればなんとでも話を盛ることができます。デートやセックスのリードが下手でも、1回会えた(セックスできた)ということ自体が一番重要ですからね。

モテ男のプロフってどんな内容?

出会い系のプロフの内容は盛っていい、と言われても、実際のモテ男がどんなプロフを書いているのかが分からなければ実行に移せません。

まずモテ男プロフは、全体的に爽やかで余裕があります。具体的にはスポーツが好き、出会いの目的は友達探し、フリースペースには気軽に連絡して下さい!という少し軽めの文章。これを見ると、あんまり真剣に考えてなさそうだな〜と感じる人もいるのではないでしょうか。

そう、この「良い人いたら会いたいな」という余裕こそがモテ男の特徴なんです。

モテない男はどうしても、自分を深く知ってもらって同じものが好きな女性を探して・・・と真面目になりがちですが、案外こういうたくさんありそうな量産型のプロフのほうが女は声を掛けやすいのかもしれません。

どんな女でもウェルカムなプロフのほうがモテる感じがしますし、そういう言葉に誘われる女はすぐにヤラせてくれる可能性も大です。

モテ男の出会えるメールの送り方

モテ男のプロフ同様、メールも考えすぎずラフな感じが最もモテ男っぽく見えます。メールはプロフと違って送れば送るほど料金が掛かってしまうという点から、つい急ぎ足になってしまいます。

それ自体は別に悪いことではなく、モテ男も早く会いたいという思いは同じですが、モテない男とモテ男の違いは「1回のメールの文章量」です。

1回に送れるメッセージ数は決まっていて、1行書いても長文書いても料金は同じ。モテない男は、それなら!とここぞとばかりに長文を作って送ってしまいます。そうするとメールの印象自体が重たくなってしまい、女性が離れていってしまいます。

一方でモテる男は、文章量は少ないですが1回で一気に距離を縮めます。「昨日テレビでやってたイタリアンが超おいしそうだった!今度の土日とか空いてたら行こうよ〜」という感じで、その返事がOKでもNGでもあまりダメージを受けません。

焦っていても、焦っていないように見せるテクニックがあるということです。