ナンパとネットなら断然ネットが有利/セフレ作り方・出会い方navi

なぜナンパよりネットのほうがセフレを作りやすいのか?出会い系を選ぶべき、ナンパにはない出会い系のメリットとは?

女性数NO.1セフレサイト 人気急上昇中のH掲示板
イククル
デジカフェ

ナンパとネットなら断然ネットが有利/出会い方・メール術

更新日時:2015.02.22

ナンパには年齢制限がある

20代、30代である程度遊び慣れている人ならば、目ぼしい女性がいれば街中でナンパすることもできるでしょう。しかし遊びなれていない人が無理に街中で声を掛けたり、40代、50代がナンパをしている姿を見たらどう思うでしょう?イタイなぁ、と思いませんか?

確かにネットを使った出会い方は、出会うまでに少し時間がかかります。上手くいけば目の前に女性がいるストリートナンパのほうが手っ取り早いに決まっています。しかし、慣れている人でもナンパに耳を傾けてくれる確率は低いといいます。

たくさん声を掛けてやっと1人お茶を飲んでくれるかくれないか。それが慣れていない、もしくは中年世代の男が声を掛けたところで無視されて終わりではないでしょうか。

以前はネットの出会いも若者中心でしたが、やはり需要があるのか中年、熟年向けのサイトも増えてきました。結局、目の前に女性がいても出会い目的で街を歩いているわけではないので、成功率も低いのだと思います。

ネットなら効率よくナンパできる!

街中での普通のナンパをストナン(ストリートナンパ)ということがありますが、その流れでネットでナンパすることをネトナンと呼びます。男が女を誘う、男が女へメッセージを送ればそれはネトナンです。

なぜネトナンのほうが効率がいいのか?なんて、きっと説明しなくても分かると思います。やはり、出会いを望んでいる女性の数と、一度に声を掛けられる人数が圧倒的に多いからです。

街中で歩いている女性は出会いを求めて歩いている訳ではないし、1人1人声を掛けるとなると、お目当ての子を探して声を掛けて、またウロウロして…と無駄な時間がたくさんあります。自分の体は一つしかない、ストナンでは1人1人に自分が対応しなければならないけれども、ネットではメッセージを作って気になった女性全員に送れば完成です。

断られたり無視されたりしても、そっか〜じゃあ次、で済みます。数打てば当たる、ではないですが、やはり「自分の存在を多くの女性に知ってもらう」以上の良策はないと思いますね。

ネットナンパも油断は禁物

ネトナンは最も効率がよく、忙しい学生や社会人でも手軽に行えます。しかし、ネトナンならではのデメリットというのも当然ながら存在します。

街中でのナンパと比較してみると分かりやすいですが、相手の顔や姿が見えないことや、メールが全てのコミュニケーションになっているため誤解が生まれやすいなど色々あります。簡単だからと油断してメールを疎かにしたり適当なことを言ったりしていると、女性はすぐに他の男へ移ってしまいます。

女性も裸を見せてもいいと思える男を探しているのだから、当然といえば当然です。ある程度律儀にメールをして、いくら相手が多くなっても名前や話した内容を忘れない。あまりに誘いが多かったり出会えたりするとつい調子に乗ってハーレム状態を楽しむ男も多いみたいですが、少しの油断でお気に入りの子とお別れになったりします。

最初は目が届く1人2人程度で楽しみ、慣れてきたり誰かと別れたりしたら追加するという方法を取りましょう。