女には短く不器用なメールが効果的/セフレ作り方・出会い方navi

女を惹きつけるには、メールは男を感じさせるような文章を心がけたいもの。文章だけで男らしさを感じさせるメールの送り方とは?

女性数NO.1セフレサイト 人気急上昇中のH掲示板
デジカフェ
PCMAX

女には短く不器用なメールが効果的/出会い方・メール術

更新日時:2014.12.22

女はメールに男らしさを求める

セフレはセックスフレンドという呼び名の略称ですが、人によって解釈は色々あります。会えばセックスだけする仲だったり、友達のように親しくセックスもできる仲だったり、それは各々のカップル次第です。

でも女性は、セックスするだけの仲でもセックスなしでも遊ぶ仲でも、抱いてくれる男はたくましくて少しそっけなくて不器用な、男らしさをもつ人がいいようです。女性は追いかけられると冷めてしまう傾向にあり、常に自分が追いかけている立場が丁度いいみたいで、その心理を考えるとメールも男らしく短めに送ったほうが効果的です。

そもそも出会い方が分からないし…という男性はある程度こちらからメールしたり返事をマメにしたほうが出会いには繋がります。ただ、すでにメールできていて出会えそう、もう会えたけどどうやったらセフレにできるか?という「セフレの作り方」の観点でいえば、あまり構いすぎないほうが早めにセックスに移れるのです。

メールに思いやりを混ぜればイチコロ

同じ「セフレほしい」でも、男が言うのと女が言うのでは意味合いが少し違います。男は征服欲があり、色々な女を抱きたいという欲求の下に動きますが、女は生活に不満があるときや心にすきま風が吹いているときに行動することが多いです。

女が浮気したときの言い訳で「だって寂しかったから」なんて言葉はよく聞きますよね。好き同士になろうとまでは思っていないけれど、大事に抱いてくれる人と出会いたい。だから女はセフレでも性格を重視するのです。

極端にいえば、「今日会いたいんだけど生理?」と聞く人なんかよりも「今日約束してたけどそろそろ生理じゃない?体キツいと思うしお茶だけにしとこっか」と嘘でも体を気遣うメールを混ぜ込む人。

言い方一つ変えるだけで、女はこの人とできるだけ長くセフレを続けたいと思うし、セックスもずっと盛り上がっていられると思います。セフレだから適当でいい、という考えは持たないようにしてください。

セフレをキープしておく頻度とは

何も語らずとも女が付いて来てくれる男…なんて実はいません。イケメンでも面白みがない、人の心に無頓着であれば、出会いはできてもセフレになりたいとまでは思われません。

そもそもメールは顔を半ば隠した状態で行われる、性格と性格との探りあい。例え良い顔の写メを見せられても、無理してメールしている感じになると、途端にどうでもよくなってしまうのです。

恋愛心理でよく「待たされた時間の分だけ愛情が深まる」という現象がありますが、これはメールの頻度で利用することができます。すぐ返事をくれる人に対してはすぐに冷めてしまうけど、なかなか返事をくれない人に対しては何かそわそわしてしまう。メールをくれない間何しているの?他の女性とも話しているの?と勝手に嫉妬めいた感情を持ってくれるのです。

女は自分のほうに向いてくれない相手に対して興味を持つ性質があるため、セフレになれそうな女をキープするには、送られてきた時間から最低30分〜1時間間を空けてから送るのが吉。もっと親密で可能な状態であれば半日、1日置くのも絶大な効果が得られます。