女が好きなラブホテルを知ろう/セフレ作り方・出会い方navi

ラブホテルの選び方、適当に考えていませんか?好みの女をセフレにするならまずラブホテル選びから!

女性数NO.1セフレサイト 人気急上昇中のH掲示板
デジカフェ
PCMAX

女が好きなラブホテルを知ろう/作り方・誘い方

更新日時:2014.12.11

ラブホテルのチェックポイント

男にとってラブホテルはヤレる場所であって、ベッドと風呂さえあればいいなんて考えている人も多いでしょう。しかし女性は何事にも雰囲気を大切にする生き物。同じレストランチェーン店でも、遠い場所にある店舗の雰囲気が良かったら多少歩いてでもそちらに行く。こういうところがあるのです。

女性が重要視するラブホテルのポイントは、ざっくりいえば外観と内観。全部じゃん!と思うかもしれませんが、外観が良くても内観がボロボロだったら興ざめ、逆ならまだマシだけどマイナスからようやくプラスイメージになるかどうか。要はバランスです。どちらもそこそこであれば無難で、どちらも良ければ好印象を与えることができます。

これは物理的に綺麗か汚いかというのもありますが、オシャレな場所を知っているということでポイントが上がるのです。ラブホテルに詳しい男なんて本来は嫌がられますが、お互いセフレとして楽しむために出会っているからこそ、ラブホテルをよく調べている男のほうが喜ばれるのです。

女性を見てラブホテルを選ぶ

地域によって選べるラブホテルの数に差があると思うので、今回は幾つか選べるくらいはあるよという男性に向けたレクチャーをしてきましょう。

女性がラブホテルを見るときは、脳内にある理想のホテルと比べて採点します。要するにその女性の中でこんなラブホテルに誘われたいな、という理想があって、それよりも良いか悪いかという感じです。だから狙った女性に喜んでもらうためには、どんなラブホテルが好きそうかどうか何となくで良いので目星を付けておきます。

例えば事前に嫌だったラブホテル、良かったラブホテルのエピソードを面白おかしく話しておく。出会う前のメールでも出会った後の食事時でも、それくらいなら誰でもワイワイと話せることだと思います。

そこで「お風呂が狭くかったのは最悪だったなー古臭かったし」と言えばお風呂にこだわったラブホテルを、「センスない原色の部屋は嫌だったなぁ」と言えば女性受けのいい現代的でシックなホテルを選ぶ。過去の失敗をぶり返さないことが、自然に女性に喜んでもらえるラブホテルの選び方なのです。

断られないホテルへの誘い方とは?

今でこそラブホテルは女性同士や複数人で泊まれるなんてところも増え、以前よりオープンな場所になってきました。しかし男女二人で入ろうとすれば、やはり女性は身構えてしまうものです。

色々と予定が済み、次は何しようかとなったときに、一番失敗するパターンは「男が煮え切らない」場合。女性はどうしようか?となっても自ら「じゃあラブホテル行こう」と言うことなんて99%ありません。ホテルはいつの時代も男が誘うものです。

せっかく女性を連れて行くラブホテルをリサーチしているのだから、少しでもこの後どうしよう?となったときは、ホテル行かない?と思い切って誘ってみてください。女性はダメならダメと言いますから、その時は突然ゴメンねと一言謝り、反対に迷っている場合はあと一押しでイケるパターンも多いので「無理にとは言わないけど、僕は君ともう少しホテルで話していたい」とダメ押しをしてみて下さい。

無理には誘わないけど、僕は一緒にいたい。こういうストレートな言葉ほど女性には伝わりやすいので断りづらくもなります。無理矢理誘っているわけでもないので、女性からの好感も得られます。