女は嫉妬心からセフレになる?!/セフレ作り方・出会い方navi

恋愛に何かしらのトラウマがある女は多い!寂しさや不満を埋めるために参加している女たちをGETする方法とは?

女性数NO.1セフレサイト 人気急上昇中のH掲示板
イククル
デジカフェ

女は嫉妬心からセフレになる?!/作り方・誘い方

更新日時:2015.05.30

女の独占欲はこうやって生まれる!

人間は、自分が親しくしている人が同性であれ異性であれ、他の人と親しくしているのを見ると嫉妬のような感情が生まれます。自分よりも大切なの?自分はその中に入れてもらえないの?と、口や表情には出さなくてもそのような不快感を感じる人が多いです。

もちろん多くの男は「いや、そもそも俺みたいな男誰も嫉妬しないよw」と思うでしょう。でも、世間から見たイイ男だけが女に嫉妬されるわけではないんです。

普通の街を歩いている女性ならともかく、知り合うのは出会い系というネットの中。わざわざネットに出会いに来ている女性は、出会いがなかったり寂しかったりと男との関係を切実に望んでいる状態です。

話が合うな、このまま仲良くなれるかな?と期待しているときに他の女性の影をぼんやりでも見つけてしまうと、私以外にもこの人を狙っている人が?!となり、その女よりも優先してほしいという気持ちから体の関係までもOKするようになるというわけ。

相手がどんな男であっても、ある程度仲良くなったあとは自分だけ見てもらいたいと思うもの。その独占欲を利用すれば、女性のほうから自然とセフレになってくれるというわけです。

セフレにしたい女の独占欲を刺激する

ではどうやれば自分にも女が嫉妬してくれるのか?それは、メールの時期で一気に親密度を上げておくことです。

セフレがほしいと思ったとき、会うまでの期間ばかりを重要視する人がいますが、早く会えたところでその日セックスができるとは限りません。むしろメール期間が短いということは信頼関係が築けていないので、初日は挨拶やお茶だけ、最悪そのまま終わりということも多いです。

だから一番大事にしたいところはメールの期間。ここをある程度たっぷり取っておくことで、会わないという選択肢をどんどん少なくしていくのです。

メールで独占欲を刺激するには、まず世間話を定期的にするようになっていること(毎日おはよう、おやすみメールをするなど)。二人のメールが自然に、当たり前に行われるようになったら、少しだけ返事を遅らせたり、他の女性にも目がいっていることを気付かれない程度に会話に織り交ぜたりしていきます。

例えば「遅れてごめんね。ちょっとお断りの返事しててさ」や「リアルだとこんなに女性から言い寄られないのにね(笑)」のように、あなたが一番という表現をしながらも他の女にアピールされてますよということを伝えられるとGOODです。

会ってから独占欲を刺激する方法

メールでほどほどに独占欲を刺激していると、早めに会ってくれる確率が高くなります。逆にあまりに露骨なモテアピールをしていると遊び人だと思われて会ってもらえなくなりますから、ここは自分の言葉で自然に上手く伝えられるように考えながらメール文章を作りましょう。

会ってもらえたということは、半分あなたを受け入れているのと同じです。あとの半分は会ってから判断という形になりますから、油断は禁物です。

まず、会ったときにこの人は油断するとどこかへ行ってしまいそう、という雰囲気を出すことが重要です。女性に慣れていない男はどうしてもせっかく会ってくれたのだからと嫌われたくなくて過剰なレディファーストをしてしまいがちです。

しかしそうすると女性は努力しなくても会える人だと舐めてしまい、結果体の関係も伸ばし伸ばされるハメに。

そうではなく、女は他にもいるけどそうなれればいいね、くらいの余裕があれば、反対に女性のほうが「振り向かせてみせる!」という気持ちで体を許してくれやすくなります。女性は恋愛以外でも独占欲が強い生き物ですから、それを利用して早々にセフレになってもらいましょう。